別に、援助とか神待ちが悪いことだとは思いません

  • By Td4HR2bn
  • 2016年5月17日
  • 別に、援助とか神待ちが悪いことだとは思いません はコメントを受け付けていません。

出会い系サイトを利用して神待ちをしているとたたかれます。
私が個人的にどうのこうのというのではなく、一般論として、神待ちは良くないものだというふうにいう人が多いです。
やっぱり出会い系サイトを利用してセフレを募集しているとか神待ちをするというと、それだけでなんとなく不潔なイメージがあるみたいです。
悪いイメージを持たれてしまうのは仕方のないことかもしれませんし、出会い系サイトを利用してそういう行為を考えている人たちも、自分が批判されるような行為をしていることについてはある程度分かっています。
批判されるのは分かっていて、そんなことは関係なく、自分が強い意志をもって援交や神待ちをやっているという例がほとんどです。

私は実際に、援助交際を希望している人妻にも、神待ちをしている女子大生にも出会ったことがありますが、彼女たちがなんかおかしいとか、そういうことは一切ありませんでした。
自分から「実は出会い系サイトを利用して神待ちをしているんです」とか「セフレを募集しているんです」とか「援助交際してもいいですよ」というようなことを言われなければ、自分が知り合ったパートナーが出会い系サイトを利用してどのような出会いを望んでいるのかということはなかなかわからないものです。

だから「実は私はこういう出会いを望んでいる」ということを本人から告げられた時は驚いたものです。
私と同じような経験をしたことのある人は、出会い系サイトを利用している人だったらけっこういるのではないでしょうか。

相手の目的がわかった時点で、自分が望んでいるような出会いは実現できそうにないから、この人とは関係を持ちたくないというふうに、いわば切ってしまう人は結構います。
そういう人たちが別に悪いとは思わないのですが、私は個人的にもったいないなって思うのですよ。
確かに、恋人との出会いを望んでいる人がセフレ目当ての人妻に出会ってしまったら、それは出会い系サイトを利用している限りよくある「出会いのミスマッチというもの」になってしまうかもしれません。
相手は人妻ということで、相手に離婚する意思がないなら、その人妻とは必ずセフレという前提のお付き合いしかできません。
セフレというお付き合いでも構わないとか、もともとセフレとしてのお付き合いを望んでいたという人にとって見れば、人妻がセフレとの出会いを望んでいたという話を聞いたときにも喜ぶと思うのですが、そうでない人はきっとがっかりするでしょう。
がっかりするという言い方が大げさだったら、自分が望んでいるような出会いは実現できないから、せめて少しくらい考える時間がほしいというふうに人妻に伝えるかもしれません。
ただ、お付き合いするかどうかじっくり考えさせてほしいという場合であっても、いきなりよく考えもしないで相手の提案を断るということはほとんどないはずなんですよね。
私は個人的に、セフレとか援助交際とかそういう男女関係に特に抵抗はありません。

むしろ私は出会い系サイトを利用して、たくさん悔しい思いをしてきた分、とにかくいろいろな人と出会って経験値をつむことが、特に若いうちは大事なことなのだということをしみじみと考えるようになりました。

出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃は、恋人探しがしたいのだという人が多いと思います。
けれども、出会い系サイトを利用したって恋人探しは実はそれほど簡単なことではないのです。
誰かとメル友として知り合うところまでは割と簡単にできても、知り合った後に関係を進展させるためには、相手の女性から本気で好きになってもらわなければなりません。
男女どちらについても言えることですが、出会い系サイトを利用して知り合ったパートナーに好きになってもらう(認めてもらう)というのは、実はものすごくむつかしいことなのです。

まず、女性から好かれようと思えば、当然のことながら乙女心の難しさみたいなものを理解していなければなりませんが、私はこれがどうしてもわかりませんでした。
相手の気持ちを考えているつもりでも、どうしても食い違うことが多かったのです。
そして、何よりもむなしいのが、私が相手の気持ちをしっかりと理解しようとかなり努力しているということを、相手の女性にはわかってもらえないということでした。
気を遣ってやっているのに、どうしてそれがわからないんだ!
というような感じですね、もちろんそんなことを本人に言ったりはしませんが。

女性の気持ちを少しでも理解できるようになるには、やはり一人でも多くの女性とコミュニケーションをとり、世の中にはいろいろな考え方をする人がいるということを学ばなければなりません。
また、メールのやり取りをしているだけではなくて、実際に面と向かって会話をするということも、対人スキルのレベルを上げるということを考えれば非常に重要なことです。
だからわたしは、相手が援助交際希望の女子大生だろうが、セフレを募集している人妻だろうが、一切じぶんでは選ばずに誰でもいいから付き合ってやろうと考えるようになりました。
誰でもいいから付き合ってやろうというのは、決してやけくそになっているというのではなく、たくさんの女性とコミュニケーションをとれば、それだけ自分の対人コミュニケーションスキルが上がると考えたからです。

対人コミュニケーションのすきるというのは、もちろんセックスのテクニックにもかかわってきます。
セックスのテクニックというものは、一人でオナニーをしているだけでは上がらないのです。
やっぱり誰かと実際にやってみないと分からないことはたくさんあります。

繰り返しますが、私は個人的に、援助交際やセフレを募集などをしている女性たちに対して反感などはありません。
全員がごく普通の女性であることには変わりがないからです。
付き合ってみて合う合わないの問題はあると思いますが、それにしたってまずは付き合ってみなければわからないことはたくさんあるのです。
誰と付き合ってみても結局は自分にとっての勉強になることは間違いないので、わたしはとにかく対人コミュニケーションのスキルを上げるために、出会い系サイトを利用して一人でも多くの女性とお付き合いをしたいです。

Comments are closed.